シャンプー台とストレートネック

2021/03/27 ブログ
ストレートネック

 シャンプー台とストレートネック      

                              

 

ストレートネックという症状はご存じですか?

ストレートネックとは、本来であればゆるやかなカーブを描いているはずの首の頚椎(けいつい)という骨が前傾姿勢を続けることでまっすぐになってしまった状態です。

頸椎のS字カーブが失われることで、首の痛みだけではなく肩こりや頭痛など身体に様々な不調をもたらせることもあります。

原因はなんなのでしょう?

 ●スマホの普及

ストレートネックは、悪姿勢でスマホを長時間操作することで生じやすいため、「スマホ首」とも呼ばれています。スマホやパソコンを操作する際は、自然と頭部を肩より前に突き出す姿勢になります。

この姿勢を長く続けると頭の重みで首の周辺には相当な負担がかかり、負担がかかった状態が長く続くと頚椎がまっすぐになり、ストレートネックになってしまいます。

●猫背や反り腰

猫背の方は前かがみの姿勢は、首の周辺に絶えず負担が生じストレートネックになりやすい傾向があります。

また、妊娠や出産を経験した女性は骨盤が前傾する「反り腰」になりやすいですが、反り腰になると腰だけでなく首にも負担がかかるため、反り腰の方はストレートネックにもなりやすいと言われています。

 

 

実は、ストレートネックが酷いと、シャンプー中にも影響が出ることがあります。

シャンプー台の形状と首の角度が合わないと、急激な肩こりや頭痛を招きます。

以前の美容室のシャンプー台は首一点で支える作りでした。このタイプでストレートネックであれば、間違いなく急激な肩こりがおきます。auraのシャンプー台は、首と後頭部の三点で支える形状になっています。

もう一台、腰にも負担の少ない、完全にフルフラットタイプのシャンプー台もあります。このシャンプー台の導入により、首に負担がかかりにくくなったので、長時間の60分のヘッドスパも可能になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

首のこりや肩こりの状態によって、シャンプー台が合わないと感じられた方は、我慢せずにお伝えください。

シャンプーの時間や、より首に負担が少なくなる対応をさせて頂きます。

シャンプー台の頭の位置について、時々ご質問を受けますが、寝た時にスタッフと目が合うようなら

下がりすぎなので、頭の位置をご案内させていただきます( *´艸`)